カタログギフトは心遣い!相手に喜ばれる内祝いを贈ろう【Gifts Common】
HOME>注目記事>カタログギフトは心遣い!相手に喜ばれる内祝いを贈ろう

お祝いのお返し

内祝い

結婚や出産、新築をした時に親族や友人らからいただくのがお祝いです。そのお祝いのお返しは内祝いと呼ばれています。本来は、身内の中で起こったおめでたいことや喜びをお裾分けする、という意味で使われていたそうです。一般的にはお祝いでいただいた額の半分を目安に贈り物を選ぶと良いでしょう。お祝いより高額な物やあまりにも金額が低すぎるものは、相手への失礼にあたります。またのしのつけ忘れや、カードや挨拶状を添えるのを忘れないようにしましょう。何に対する贈物なのかわかないし、礼儀の面からも必要性があります。送るタイミングも大切です。お祝いを受け取ってから1ヶ月以上もたってからのお返しは失礼です。商品に関しても相手が喜んでくれるような商品を選びましょう。食べ物を送る場合はアレルギーや嫌いな物でないかは要チェックです。大きなイベント事を終えてバタバタと忙しい時期での発送にはなりますが、お祝いをいただいた相手に失礼のないように内祝いを準備することが大切です。

カタログギフトが人気

内祝い

親族や親しい友人らに、結婚や出産、新築が完成した時にもらったお祝いのお返しはどのようにしているでしょうか。一般的には内祝いとして、いただいた金額の半分を目安に贈り物をします。内祝いとされる商品は沢山あり、選ぶのが大変だった経験がある方も多いでしょう。相手が美食家ならば美味しい食べ物を送ったり、お子様が沢山いるご家庭ならお菓子やジュースを贈ると喜ばれるでしょう。ただ好みがわかりにくい方や探す時間がない方には、カタログギフトがおすすめです。カタログは日用品から食べ物まで幅広いジャンルを取りそろえるタイプから、ブランドや食べ物などジャンルに特化したタイプまであります。あとはお相手が好きな物をカタログの中から選べるので、失敗が少ないギフトとして人気が高いです。